データで見るロータリーハウス

創立・設立

1972年に創立したロータリーハウス。事務所は、昭和町にありました。現在では、香川県内に3つのオフィスがあり、全棟⾧期優良住宅の注文住宅と、分譲地を造成開発、そして販売しています。

売上高

ロータリーハウスは、建物部門・土地部門・リフォーム部門があります。安定経営はスタッフはもちろん、ずっと安心して暮らしていただくお施主様にとっても大切なことだと考えています。

男女比

女性が多いことに驚かれることも多いロータリーハウス。全員で協力しあい、助け合いながら運営しています。ずっと働けるやりがいのある会社です。

新卒と中途

もともと、中途採用が多かったロータリーハウスは4 年前より新卒の採用にも積極的に力を入れ始めました。ずっと会社を続けていくには新しい力がとても大切です。2018年は3名、2019年は6名、2021年は2名の新入社員が入社し、協力し合い頑張っています。新卒採用者と中途採用者のチカラに支えられ現在のロータリーハウスはあるのです。

年代別構成比

ブラザー制度を導入しているロータリーハウスは、先輩スタッフが仕事のスキルアップも考えて指導・アドバイスをしてくれます。また、仕事の悩みや仕事以外の事も気軽に相談できます。評価制度も導入しているため、やった仕事がきちんと評価され給与にも反映される仕組みづくりをしています。

新入社員研修

2019年に入ったスタッフへの新入社員研修は、最初の3日間行い、その後は1週間に一度半日を使用し4ヶ月間、社会人としてのマナーから建築知識、接客の仕方までを勉強会やロープレを学んでいきました。各部署では、ブラザーがサポートしながら仕事を覚えていきます。

中途採用の方たち

2020年度、営業1名、2021年度、設計2名・コーディネーター1名の中途採用者が入社し、すでに第一線で働いてくれていています。もともと、中途採用者が多かったロータリーハウスは、入社しても相談しやすい環境が出来ています。