お金の話

想いの詰まったの注文住宅を価格を抑えてご提案!

  • Point01

    地元香川県で年間80棟以上の施工実績がコストを抑えたお家づくりを可能に

    地元ビルダーの中での棟数の強みを生かし、設備や資材等のボリュームディスカウントを行うことで、性能や機能に優れたものを標準仕様として取り入れることができ、よりよいお家づくりが実現しています。

  • Point02

    自社建築士が設計を行うことで外部委託による設計費用をカット

    自社の建築士が一棟一棟、設計をさせて頂くことで、外部委託による設計費用をカットすることができます。また、お客様1組に建築士が1人つき、初回のお聞き取りから最後まで対応させていただき、お客様の思いを形にすることに努めています。

  • Point03

    長期優良住宅の申請まで自社で行うことで中間マージンをカット

    時間と労力が必要となる長期優良住宅の申請まで、自社の建築士が行うため、申請を外部委託する費用をカットすることができます。また、一棟一棟計算をして申請に出し、しっかりと第三者の認定を取っているので、安心してお任せください。

  • Point04

    自社の契約大工による施工で中間マージンをカット

    自社の契約大工が施工をすることで、下請け会社へ一括して発注をするシステムや、外部施工等にかかる費用をカットすることができます。そうすることで、中間マージンを省くことができ、価格を抑えつつも優れた家づくりを実現しています。

長期優良住宅とお金の関係

長期優良住宅にすると、安心して住めるお家が建てられることに加えて、
税優遇などにおいてたくさんのメリットがあります。

住宅ローン控除

住宅ローン控除とは、住宅ローンを借り入れて住宅を取得する際に、一定期間にわたってローン残高に応じた金額が所得税から差し引かれる(還付される)というもので、控除を受けるためには令和3年12月31日までに入居し、入居の翌年に確定申告をする必要があります。

長期優良住宅の場合、住宅ローン控除対象になる借り入れの限度額に優遇が受けられます。一般住宅が4,000万円のところ、長期優良住宅は5,000万円まで引き上げられます。また、控除率は1%なので、最大控除額は10年間で500万円になります。

一般住宅

住宅ローン控除の控除対象
借り入れ限度額の優遇金額
4,000万円

最大控除額は10年間で400万円

長期優良住宅

住宅ローン控除の控除対象
借り入れ限度額の優遇金額
5,000万円

最大控除額は10年間500万円

不動産取得税

不動産取得税とは、土地や建物を取得した者に対して都道府県が課税する地方税です。床面積が50㎡以上240㎡以下の場合、課税標準額から一定の額が控除されます。控除額が引かれた後、3%の税率をかけて算出されます。

控除額は、一般住宅の場合は最高1,200万円ですが、長期優良住宅の場合は最高1,300万円の控除を受けられます。

一般住宅

1,200万円の控除

長期優良住宅

1,300万円の控除

登録免許税

登録免許税とは、土地や建物を取得して法務局で登記をするときに個人や法人に課される国税です。住宅ローンを組んで不動産を取得する場合、その不動産を誰が所有しているのかを明示する所有権保存登記を行います。一般住宅の場合、不動産価格に0.15%の税金がかかりますが、長期優良住宅の場合は0.1%に優遇されます。

一般住宅

不動産価格 × 0.15%

長期優良住宅

不動産価格 × 0.1%

固定資産税

固定資産税とは、土地・建物を所有している場合に、種痘した翌年度から課税される地方税で、市町村が課します。納税義務があるのは1月1日時点での所有者になり、所有者が変わった場合には、実務上売主と買主の間で所有期間に応じた額を負担することもできます。

新築の戸建て住宅は、床面性が120㎡以下の部分について、一般住宅の場合は3年間2分の1に軽減され、長期優良住宅は5年間2分の1に軽減ざれます。

一般住宅

3年間2分の1に軽減

長期優良住宅

5年間2分の1に軽減

贈与税

贈与とは、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思表示をし、相手方が受諾することで成立します。そして、贈与税は財産を取得した側にかかる税金のことで、年間で受けた贈与のうち、110万円(基礎控除額)を超える部分に課税されます。

住宅取得のための贈与については、一般住宅では1,200万円まで、長期優良住宅は1,500万円まで非課税で受けることができます

一般住宅

非課税枠:1,200万円
(+基礎控除額110万円)

長期優良住宅

非課税枠:1,500万円
(+基礎控除額110万円)

フラット35

フラット35でお借入れをする場合、長期優良住宅だと、フラット35SのAプランが適用されます。このプランでは、借入期間の最初の10年間、金利が-0.25%引き下げされます。

例えば、3,000万円の借入れで、35年間1.30%の金利で(元利均等返済・ボーナス払いなし・団体信用生命保険付き)で借り入れた場合

一般住宅

35 年間一定金利

長期優良住宅

当初10 年間-0.25%金利引き下げ

※ 各税制度については契約時期による変更や適用期限がありますので、詳しくはスタッフまでお尋ねください。