スタッフブログ

広報 渡邉

和室の良さ

こんにちは、渡邉ですhappy01

最近、少しずつ秋の空気になってきたな~と感じていますmaple

今朝も黄色や茶色の落ち葉を目にして、「子供のころ集めてたな~」としみじみ思い出したり…delicious

そんな感じで、キッズコーナーも秋モードにちょっと模様替えしましたshine

IMG_0222.jpg

暑い期間が長くなった昨今では、過ごしやすい季節は本当にありがたみを感じますよねcoldsweats01

「○○の秋」と言いますし、好きなことを色々楽しみたいですねnotes

 

 

さて、今回は和室・畳コーナーについてご紹介しますconfident

和室は日本の伝統的なお部屋ですが、最近は和室をつくらないお家もたくさんあります。

そういった傾向のある中で家づくりを始めると、「いるのか?いらないのか?」と悩んでしまいますよねsweat01

そこで、「子ども用のスペースにあったらいいな」「和室はあまり使わないかも?」という方に検討してほしいのが、畳コーナーですeye

?畳コーナー1.jpg

畳コーナーは、和室はちがい部屋を分割するものではないので、リビングの一部として開放的に使うことができます。

お子様が遊んだり、お昼寝したり、勉強したりするのにも、家族が様子を見ることができるので安心感もありますよねscissors

こちらのお家の場合は、実はロールスクリーンが付いているので、来客時など隠したいときは隠せるのも嬉しいポイントですshine

畳の色もなじみの良いものを選んでいて、インテリアとマッチしています。

畳も種類が豊富なので、好みに合わせて選んでいただけますよwink

 

 

もう少しリビングと分けておきたいかも、という場合には、リビングとつながる和室をconfident

?LDK1.jpg

こちらは引き戸を開け放せば開放的に、閉めれば独立した和室として使うことができますhappy01

お子様が小さいうちはキッズスペース、将来は個室として…などフレキシブルに対応できるのがこの形です。

集中したい仕事や趣味のスペースに使うこともできますねflair

 

 

そしてもちろん、「独立」感のある和室もおすすめですgood

?和室3.jpg

こちらはリビングの隣の和室ですが、上の2つとはちがい、奥まった感じがします。

インテリアも本格派な和室で、自然と心が落ち着くような雰囲気が出ていますねconfident

もちろん使い方も色々shineリラックススペースに、お客様用のお部屋に、将来の寝室にと、様々な場面で活躍しますhappy02

 

 

こうして見ると、和室は本当に色々な使い方ができますね!

また、畳はフローリングよりも柔らかいので、お子様が転んだ時の怪我の心配が少ないことや

大人も子どもに合わせて膝をついたりするとき、足への負担がかかりにくというメリットもありますup

 

使い方色々、リラックスできて子どもにも大人にも優しい和室、家族の形に合わせてぜひ検討してみてくださいねsmile

 

 

 

 

sun各SNSでもロータリーハウスの情報をゲットできますsun

instagramページはこちら

facebookページはこちら

pinterestページはこちら

LINEお友だち登録はこちら

 

■□■□■□ 香川・高松・丸亀の注文住宅・新築戸建て・分譲地ならロータリーハウス ■□■□■□

スタッフブログ