ZEHの家ZEH

エネルギー収支がゼロになる未来のしくみ

ZEH対応新商品 「ZEHの家」
経済産業省支援事業ZEHビルダー登録メーカーに認定されました。

我が家もそろそろ新築を考えたいけど、これからはどんな家がいいのかなぁ~?
月々のローンだけでなくランニングコストや光熱費も気になるなぁ~
家を建てた後の月々の支払いってやっぱり気になりますよね。光熱費とローンと合わせて考えてみませんか。
そこで今、政府が進めているのは、【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)】の普及です。
これからは “ エネルギーを自宅で作って自宅で使う ” 時代です。光熱費も含む月々の支払いを考えたハイブリットな住宅へ!!

これからの家づくりは、減らして創ってゼロにするお家のエネルギー。

政府目標では、住宅は2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指す。
また2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すことをあげています。

ZEH事業計画

ロータリーハウス当社はZEH事業について、2020年に新築住宅の50%をZEH化することを目標に、取り組んでいます。

ZEH受託率

平成28年度 4%

平成29年度 10%

平成30年度 20%

平成31年度 30%

平成32年度 50%

『ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)』とは…

家庭の省エネの究極手段が「ZEH」

省エネ・節電は、電気の効率的な利用、電気利用の最適化を図ることで実現できます。
家庭におけるそのためのツール、手段としては、例えばHEMSが挙げられます。家電製品、給湯器、冷暖房機器、照明器具などをネットワーク化し、モニターでそれぞれの電気消費量を「見える化」したり、自動制御のプログラムを組み込んで、エアコンの温度調節を自動的に行ったり、誰もいない部屋の照明を自動的に消すなどで、個別の器具の電気消費の最適化を実現するシステムです。そのHEMSの利用を含めて、家全体の省エネを図るのがZEHと呼ばれる住宅です。
ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称です。文字通り、年間のエネルギー消費量を正味でゼロにする住宅です。
つまりは、電気代などの光熱費が不要になるというわけです。光熱費がゼロの住宅は、まさに“究極の省エネ住宅”といってもよいでしょう。

【創エネ】 太陽光発電で、エネルギー(電気)をつくる。

家庭における創エネの代表が太陽光発電システム。
停電など非常時には自立運転に切り替えることで日中は特定コンセントから最低限の電源を確保できます。発電した電気は各電気機器に供給し、余った電気は自動的に電力会社に売電。発電電力量が足りない場合や夜間には電力会社から買電します。環境負荷が少ないだけでなく、CO2削減効果が高い、地球と家計にやさしいクリーンエネルギーです。

【省エネ】 省エネルギー効果の高い設備を導入して、ZEHを実現。

家庭内でのエネルギー消費の中で大きなウェイトを占める空調・照明・給湯。これらに省エネルギー効果の高い設備を導入してHEMS「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」で家庭での電気機器をつないでエネルギー使用状況を「見える化」したり、各機器をコントロールしてエネルギーの自動制御ができ、節電を快適にします。

【断 熱】 次世代省エネルギー基準を上回る性能を実現。

高断熱仕様・高性能樹脂サッシなどを使用し、不快な結露も抑え、冷暖房効率を上げ、快適空間に。