スタッフインタビューINTERVIEW

田尾 政康

建築士 田尾 政康

じっくり話し合い、お客様の目線に立ち、お客様の理想を叶えられるよう頑張っていきます。

田尾 政康

「世界でいちばん家が好き」と言っていただけるような家づくり

「どんな家でどんな暮らしをしたいか?」と考えたときに、思い描く家や風景は人それぞれだと思います。家族でくつろぐ家、友人が集まる家…住まい方は十人十色です。でも、どんな家でも「世界でいちばん家が好き」と言っていただけるような家づくりをすることを目指していつも設計に取り組んでいます。

子どものころから空間や建物に対する興味が強かったので、自然と建築の世界を目指すようになり、高校、大学と建築を学んでから工務店に勤め、建築士として住宅に携わってきました。思えば長い時間を建築と共に歩んできました。だからこそ、お客様とお話しするときはなるべく分かりやすい言葉で伝えることを心掛けています。

私は何度も家づくりに携わってきましたが、お客様にとっては家づくりは初めてのことだらけです。だからお客様を置いてけぼりにしないように、お客様の目線に立って話すんです。
どうしてそれをお勧めするのか?どうしてそれが不可能なのか?細かなところまできちんとご説明することで、お客様の家づくりに対する理解が深まります。そして理解が深まれば、よりお客様のイメージが明確になっていきます。
誰でも、知識がゼロのものについて話すのは難しいものです。
私が丁寧に話していくことで、お客様からより具体的なイメージや想いを聞かせていただけるようになればと思っています。

納得の家、理想の家ができれば、ずっとそこに居たいと思う。みんなで集まりたいと思う。そうして大切な思い出が増えていけば、もっと家が好きになる。
いつまでも「世界でいちばん」の家であってほしいと思うから、じっくり話し合い、お客様の目線に立ち、お客様の理想を叶えられるよう頑張っていきます。

スナップショット!
  • 忘年会
  • ロータリーのみんなと
  • 設計図
  • 社員旅行にて

前のページに戻る