スタッフインタビューINTERVIEW

多田 直弘

建築士 多田 直弘

大工だった父の姿を見て育ったので、建築とは随分長い付き合いです。これからもお客様に求められる家づくりができる建築士であり続けたい!

多田 直弘

お客様の理想をより引き出せるような打合せを心がけています。

お客様の様々なご要望に応えつつ、住み心地の良い家を考えるのが私の仕事です。ただ図面を描くのではなく、お客様とお話しながらそのお客様に合った暮らしを提案することが大切です。

建築士をしていて感じるのは、そのご家族や一人ひとりによって考え方が本当に多種多様であるということです。
現在の生活スタイル、好み、今までの経験、将来の希望…その人が培ってきたもの、これから創り上げていこうとするものを考えると、住む人によって『ベストな家』は必然的に違ってきます。
そして家は生活の拠点であり、これから一生付き合っていくものだから、ただ住むだけではなく、その人、そのご家族を支える存在でなければなりません。
そのように考えると、人によってこだわる点が違うのも、「もっとこうしたい」という思いが強くなるのも当然のことです。

お客様とお話していくと、たくさんのご要望が出てきます。
理想そのままの家ができればそれが一番だと思いますが、実際には予算や面積や施工面での制約があるので、すべて理想どおりにはいかないものです。

そんな中でも、お客様のご希望に添えるように工夫したり、別の方法を考えたりしながらお客様の理想を叶える提案を目指します。想像以上のものが出来上がったと思えるときは自分でも本当に嬉しいし、それをお客様に喜んでいただければ、それ以上のことはありません。
難しいご要望も、私にとっては挑戦する機会をいただいているようなものです。だからお客様のお話はどんどん聞いていきたいし、お客様の理想をより引き出せるような打合せを心がけています。

大工だった父の姿を見て育ったので、建築とは随分長い付き合いになってきています。これからも建築士であり続けたいから、お客様の思いを大切に、お客様に求められる家づくりをしていきます。

スナップショット!
  • 仕事風景
  • 真剣に取組む横顔
  • ベストな家を考案中
  • みんなで社員旅行

前のページに戻る