スタッフインタビューINTERVIEW

増元 竜彦

代表取締役/建築士 増元 竜彦

家づくりを通して、家を建てていただいたご家族の人生を豊かにしたい…、そう思って建築士を志しました。

増元 竜彦

暮らし方もまさに『十人十色』なのだと実感しました。

家づくりを通して、家を建てていただいたご家族の人生を豊かにしたい。そう思って建築士を志しました。
ご家族の人生には色々な場面があります。お仕事での変化、新しい趣味、お子様の成長や巣立ち…様々な要素で人生は日々動いています。
そのような中で暮らし方が変わっても使いやすい、年齢を重ねても思い出を残していける、変わらず愛着の持てる家を提案したいと考えています。

今まで多くのご家族の家づくりに携わらせていただきましたが、性格を表す言葉に『十人十色』という言葉があるように、暮らし方もまさに『十人十色』なのだと実感しました。
いかに一人ひとりに合った暮らし方を提案できるか。そのためにはその方のことを家族のように知らなければいけないと感じました。

またもう一方で大切な存在が、一緒に家づくりに携わっていただいている方々です。
皆さまの顔を思い浮かべながら計画について色々と協議をしている時間は非常に有意義であり、楽しくもあります。両者を良く知り、その方への思いがあるからこそ、ご家族に合ったより良いアイデアが生まれ提案ができるのです。そしてお引渡後お会いしたときに、「暮らしやすい」「思ったとおりの家になった」などと実感のこもった言葉をいただけたときは、この仕事をして良かった、このご家族の家づくりに携わって良かったと心から思います。

『世の為 人の為』
働くということは、人のためになることを考え抜き実行すること。
人のためになることが価値になり、それは世の中の全ての人にとっての価値になる。
そして、それを実現するためには誰にも負けない努力が必要である。
この言葉と思いを胸に、私は日々家づくりについて考え、話し合い、実行しています。家づくりは建てたら終わりではありません。今はそれが良くても将来はそれが良いとは限りません。長い目で見て豊かな暮らしができるように、一緒に考えていきましょう。そのために少しでもお力になれるように努力していきたいと思います。

スナップショット!
  • いつも優しい社長
  • 高松市S様と記念写真
  • 無料相談会
  • 高松市S様と記念写真

前のページに戻る