スタッフインタビューINTERVIEW

黒川 尚

建築士 黒川 尚

ありきたりの家に住むのではなく、本当にその人に合った家があれば良い、そんな家が造れたらと思いながら家づくりに取り組んでいます。

お客様だけの理想を共有・相談し、満足のいくかたちに仕上げていく

建築士になる前は家具のプランナーをしていました。椅子が大好きでインテリア業界を選んだのですが、仕事をするうちにだんだんと「中に入れるもの(家具)をつくるよりも器(家)をつくりたい」と思うようになったんです。
家は誰にとっても特別な場所です。家具は人の生活を便利にしたり快適にしたりするものですが、家はその土台となるものです。暮らす場所がその人それぞれの癒しの空間になるためには、どんな家に住むかは大切なことだと思います。ありきたりの家に住むのではなく、本当にその人に合った家があれば良い、そんな家が造れたらと思いながら家づくりに取り組んでいます。

ロータリーハウスでは、建築士がお客様と直接顔を合わせ、何度も打合せを重ねて家をつくっていきます。お客様それぞれに違った好みや暮らし方があり、結果として求められる理想のかたちは様々です。
一般的に商品やサービスを考えるとき、それを使う人についてはイメージの中でしか見ることができない場合が多いのではないかと思いますが、私たちの場合はお客様について知る機会が充分にあります。お客様の具体的な好みや生活のしかた、今の家で困っていること、どんな趣味をお持ちなのかなど、一つひとつ知っていくことで本当にその方に合ったもの、その方が求めているものを見つけていくことができます。
お客さま一人ひとりとじっくり向き合って考えるのは大変なことでもありますが、そのお客様だけの理想を共有でき、相談し、より満足のいくかたちに仕上げていくというのは本当に他では得がたいものではないかと思っています。一つの家について一緒に考え悩み、その中で笑顔も見られ、お引渡しの際には本当に喜んでいただける。家づくりの過程でお客様の気持ちを近くで感じられることはやりがいにつながっています。

お客様との距離が近いからこそ可能性を広げられますが、どれだけできるかは私次第でもあります。お客様に安心して希望を伝えていただけるように、わかりやすく丁寧にを心掛け、これからもお客様の大切な家づくりに取り組んでまいります。
新しいスタートにふさわしい、お客様らしい家を一緒につくっていきましょう。

スナップショット!

前のページに戻る